読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nameking’s diary

ダメな俺でも変われる。

一番おもしろかったビジネス書 ~最高の休息方法

年間百冊を目標にしている私ですが、沢山の知識を身に付け、沢山の本を読むにはビジネス書はかかせない。

 

はっきりいってビジネス書にたいして読む前あまり良い印象がなかった。

 

堅苦しいし、難しい言葉を使って知ったげに語るんじゃないかと

専門用語ばっかで意味わかんないんじゃないかと

 

小説みたいに登場人物が冗談も言わないピンチにもならない、つまらないのではないかと

 

そんな悪印象の中手に取ったのがこちら

 

世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる
 

 

 

瞑想とか胡散臭い…

最高の休息法にたいしても悪い印象がある(笑)

 

ただ売れてるし、確かに効率よく休みたいし読んでみよう

 

て感じで読んでみたが…

 

 

面白い!

 

定番のリアクションぽい感じになったがホントに面白い

 

 

 

分かりやすく、そして瞑想の胡散臭さを消している!

 

この本の構成的には、

 

 

 1. 瞑想とはなんぞや?

誰々が実践しているからすごい

効果がすごい

 

 2. 瞑想の方法

 瞑想っていっても色々あるよ 

 座ったままだったり

からだの違和感を解消したり

頭の中を何度もめぐる、同じ考えを消したり

やり方を変えると色々できるよ

 

 

 

 

 3. 瞑想の素晴らしさにより改善されるお店と、登場人物たちの描くストーリー

 

最後にあとがき

 

何が良いって最初に瞑想の方法を図によって表してくれているから、忘れても間違えて先を読んじゃうなんてこともない

 

 

そしてストーリーとあわせて読みやすい!

 

主人公がアルバイトで働いてるベーグル屋さんを問題あるから解決しようゼって話なんだけど、従業員たちもさまざまな問題(例えばよくミスをする、怒りっぽい)とか問題抱えてるけどそれも瞑想によって解決しちゃう。

 

 

主人公自信も瞑想によって、ポジティブになり、改善される。

 

分かりやすいストーリーだが読みやすくて良い!

 

 

僕自信も最近始めてみたが、眠りも深くなるし、おたがやかに、幸せに一日を過ごせる!

 

是非皆さんも試して、そして読んでみてほしい。

 

そういえばこの本はビジネス書とゆうジャンルに入るのかな?

今度調べてみよう